PR

上履きを早く乾かす方法 裏技まとめ!家にあるもので明朝までに乾かすアイデア集

上履きを洗ったのに、朝までに乾かさないといけない!
そんな時に役立つのが、家にあるもので上履きを早く乾かすワザです。

本記事では、ドライヤーや扇風機、新聞紙などを使った簡単で効果的な方法を
すべてまとめてご紹介します。
特別な道具は必要なく、誰でも手軽に実践できるアイデアばかりです。
これらの方法を使えば、急な天候の変化や予想外のトラブルにも柔軟に対応できます。

上履きを朝までに乾かすための秘訣を知りたい方は、
ぜひ必要そうなところを飛ばし読みしながらご覧下さい。

スポンサー広告
スポンサー広告

上履きを早く乾かす方法 アイデア集

明朝までに上履きを早く乾かすための具体的方法を
家にあるものでできる方法を前提にまとめて紹介します。

まずは、一覧をご覧いただいて、
組み合わせも可能ですので、手に入るものを見つけて、
使い方をそれぞれ確認していってください。

それぞれの方法について下の方で詳しく解説していますので、
確認していってください。

方法 ワンポイント
ドライヤーを使う 温風を当て、均一に乾燥
扇風機を使う 風を当て、適度に動かして乾燥
新聞紙を使う 水分を吸収させ、乾燥を早める
乾燥機を使う 低温または中温で洗濯ネットに入れて乾燥
タオルを使う 水気を取り、乾いたタオルでさらに吸収
乾燥剤を使う 乾燥剤を入れた袋に上履きを保管して乾燥

 

1. ドライヤーを使う方法 概要

上履きを洗った後、まずタオルでしっかりと水気を取ります。
タオルで包み、軽く押さえて余分な水分を吸収させます。
次に、ヘアドライヤーを用意し、上履きの内側に温風を当てます。
温風を均一に行き渡らせるために、
上履きを手で持ちながらドライヤーの位置を変えると良いでしょう。
ドライヤーの熱を効率よく使うために、
ビニール袋で覆うとより効果が高まります。

ドライヤーを使う際は、上履きが変形しないように、
適度な距離を保つことが重要です。
また、高温に設定せず、低温から中温に設定することで、
上履きの素材を保護しつつ効果的に乾燥させることができます。

2. 扇風機を使う方法 概要

タオルで水気を取った上履きを立てて置きます。
立てることで内部の通気性が良くなり、乾燥が早まります。
次に、扇風機の風を上履きに当てます。風が全体に行き渡るように、
上履きを適度に動かすとさらに効果的です。

風通しの良い場所に置くことで、乾燥が促進されます。
扇風機の風量は中程度に設定し、直接風が当たるように位置を調整しましょう。
また、時々上履きの位置を変えて風が均等に当たるようにすることがポイントです。

3. 新聞紙を使う方法 概要

上履きを洗った後、まずタオルで水気を取ります。
次に、新聞紙を丸めて上履きの中に詰め込みます。
新聞紙が水分を吸収し、乾燥を早めます。

特に湿気が多い日には、新聞紙の吸水効果が高まります。
新聞紙が湿ってきたら新しいものに交換すると、効果が持続します。
新聞紙を詰める際には、上履きの形が崩れないように注意しながら、
適度な量を詰めることが重要です。
また、外側にも新聞紙を巻きつけることで、さらに乾燥が早まります。

4. 乾燥機を使う方法 概要

乾燥機の温度を低温または中温に設定し、上履きを洗濯ネットに入れて乾燥機にかけます。
これにより、上履きが傷つくことなく均一に乾燥させることができます。
乾燥機を使用する際には、上履きが動き回らないように
洗濯ネットや専用の乾燥バッグを使用すると良いでしょう。

温度が高すぎると上履きの素材が劣化する可能性があるため、
温度設定には注意が必要です。
また、乾燥機の使用時間は20〜30分を目安にし、
乾燥具合を確認しながら追加の時間を設定することが推奨されます。

5. タオルを使う方法 概要

タオルでしっかりと水気を取った後、別の乾いたタオルを上履きの中に詰め込みます。
この状態で、少し強めに押さえてさらに水分を取り除きます。
タオルが湿ってきたら、新しいものに交換することで、乾燥が促進されます。
タオルを使う方法は、特に手軽で効果的な方法です。
上履きの形が崩れないように、タオルを適切な形に丸めて詰めることがポイントです。
また、タオルの種類にも注意が必要で、吸水性の高いタオルを使用すると効果が高まります。

6. 乾燥剤を使う方法 概要

上履きを洗った後、乾燥剤を入れた袋に上履きを入れて保管します。
乾燥剤が湿気を吸収し、上履きを早く乾かすことができます。
乾燥剤としては、シリカゲルや炭などが効果的です。

乾燥剤を使用する際には、上履きと乾燥剤が直接接触しないようにするために、
乾燥剤を小袋に入れてから使用すると良いでしょう。
また、袋は密閉できるものを選ぶと、効果がさらに高まります。
定期的に乾燥剤の状態を確認し、湿ってきた場合は交換することをおすすめします。

 

 

ヘアドライヤーを使った上履きの早い乾かし方

上履きを早く乾かす方法として、ヘアドライヤーを使うのは非常に効果的です。
ここでは、ヘアドライヤーを使った上履きの早い乾かし方をくわしく解説します。

1. 上履きの水気を取る方法

上履きを洗った後、タオルでしっかりと水気を取ります。このステップが重要で、水分をできるだけ取り除くことで乾燥時間を大幅に短縮できます。タオルで包んで軽く押さえるようにすると良いでしょう。

2. ドライヤーの準備と使用方法

次に、ドライヤーを用意します。温風を設定し、上履きの内側から風を当て始めます。この際、ドライヤーのノズルを上履きの奥まで差し込むと効果的です。
全体に均等に風を当てるために、ドライヤーを上下左右に動かしながら乾かしましょう。

ビニール袋の中でドライヤーを使用すると、
熱が逃げてしまわず、乾燥を促進してくれますので、
お試しください。

3. ドライヤーの適切な距離と冷風の使用

風を当て続けると、上履きの中にこもった湿気が外に排出され、乾燥が進みます。ただし、ドライヤーを近づけすぎると、上履きが変形する恐れがあるので、適度な距離を保つことが重要です。また、温風を長時間当て続けると素材が傷む可能性もあるため、時々冷風に切り替えるのもおすすめです。

4. 新聞紙を使った乾燥の補助方法

新聞紙を使うと乾燥がより効率的になります。洗った後、新聞紙を丸めて上履きの中に詰めておくと、余分な湿気を吸収してくれます。新聞紙が湿ってきたら新しいものに交換することで、より早く乾かすことができます。

5. 乾燥完了の確認方法

乾燥が終わったかどうかを確認するために、上履きを手で触ってみてください。まだ湿っている場合は、再度ドライヤーを使って乾かします。完全に乾くまでこの手順を繰り返すことで、上履きを早く乾かすことができます。 

ステップ 詳細
1. 水気を取る タオルで包み、軽く押さえる
2. ドライヤーの使用 温風を設定し、上履きの内側から風を当てる
3. ドライヤーの動かし方 上下左右に動かして均等に風を当てる
4. 距離の調整と冷風の使用 適度な距離を保ち、時々冷風に切り替える
5. 新聞紙の使用 新聞紙を詰めて湿気を吸収させる
6. 完全乾燥の確認と再度乾燥 手で触って確認し、必要なら再度乾燥

 

新聞紙を使った上履きの乾かし方

上履きを早く乾かす方法として、新聞紙を使うのは手軽で効果的です。
ここでは、新聞紙を使った上履きの乾かし方をくわしく解説します。

1. 上履きの水気を取る方法

上履きを洗った後、タオルで水気をしっかりと取ります。このステップが重要で、余分な水分をできるだけ取り除くことで、乾燥時間を大幅に短縮できます。タオルで包み、軽く押さえるようにして水気を吸収させます。

2. 新聞紙を上履きに詰める方法

次に、新聞紙を用意します。新聞紙を細かく丸め、上履きの中に詰めます。丸めることで、新聞紙が上履きの内側全体にフィットし、効率よく水分を吸収します。新聞紙は、できるだけ多く詰めると効果的です。

3. 新聞紙の交換方法

新聞紙が湿ってきたら、新しい新聞紙に交換します。湿ったままの新聞紙を使い続けると、乾燥が遅れてしまうため、こまめに交換することがポイントです。特に、最初の数時間は頻繁に交換することで、より早く乾かすことができます。

4. 上履きを立てて置く方法

新聞紙の効果を高めるために、上履きを立てて置くとよいでしょう。風通しを良くすることで、乾燥が促進されます。室内の乾燥している場所に置くと、さらに効果的です。天気の良い日は、外に置くのもおすすめです。

5. 完全乾燥の確認方法

乾燥が終わったかどうかを確認するために、上履きを手で触ってみてください。まだ湿っている場合は、再度新聞紙を詰めて乾かします。完全に乾くまでこの手順を繰り返すことで、上履きを早く乾かすことができます。

ステップ 詳細
1. 水気を取る タオルで包み、軽く押さえる
2. 新聞紙を詰める 細かく丸めた新聞紙を上履きの中に詰める
3. 新聞紙の交換 湿ったら新しい新聞紙に交換する
4. 上履きを立てて置く 風通しを良くする
5. 完全乾燥の確認と再度乾燥 手で触って確認し、必要なら再度乾燥

 

扇風機を使った上履きの乾かし方

扇風機を使った上履きの乾かし方は、手軽で効果的な方法です。
ここでは、上履きを早く乾かす方法として、
扇風機を使った具体的な手順を解説します。

1. 上履きの水気を取る方法

上履きを洗った後、タオルでしっかりと水気を取ります。タオルで包んで軽く押さえるようにして水分を吸収させると、乾燥が早まります。このステップを省略せずに行うことで、扇風機の効果が最大限に発揮されます。

2. 上履きを立てて置く方法

次に、上履きを立てて置くことが重要です。上履きを立てることで、内側に風が当たりやすくなり、乾燥が効率的に進みます。上履きを立てる際には、安定させるために適当な支えを使うと良いでしょう。

3. 扇風機の風量調整方法

扇風機を上履きに向けてセットします。扇風機の風量は中程度から強めに設定し、上履きの内側にしっかりと風が当たるように調整します。風が均等に行き渡るように、扇風機の位置を調整しながら使用すると効果的です。

4. 風通しの良い場所に置く方法

風通しの良い場所に上履きを置くと、さらに乾燥が早まります。部屋の換気を良くし、窓を開けるなどして新鮮な空気を取り入れると、湿気がこもらず乾燥が促進されます。また、上履きの乾燥時間を短縮するために、時々扇風機の向きを変えるのも有効です。

5. 完全乾燥の確認方法

上履きが完全に乾いたかどうかを確認するために、手で触ってみてください。まだ湿っている場合は、引き続き扇風機の風を当て続けます。乾燥が完了するまで、こまめにチェックしながら乾かすことで、確実に乾かすことができます。

ステップ 詳細
1. 水気を取る タオルで包み、軽く押さえる
2. 上履きを立てて置く 風が当たりやすいように立てる
3. 扇風機の風量調整 中程度から強めに設定し、風を当てる
4. 風通しの良い場所に置く 部屋の換気を良くし、新鮮な空気を取り入れる
5. 完全乾燥の確認と再度乾燥 手で触って確認し、必要なら再度乾燥

 

タオルを使った上履きの乾かし方

タオルを使った上履きの乾かし方は、手軽で効果的な方法です。
ここでは、上履きを早く乾かす方法として、
タオルを使った具体的な手順を解説します。

1. 上履きの水気を取る方法

上履きを洗った後、しっかりと水気を取ることが重要です。ここで、タオルを使って上履きの水分をしっかりと吸収させます。タオルで包み、軽く押さえるようにして水気を取ると、乾燥が早まります。

2. さらに水気を取る方法

別の乾いたタオルを用意し、上履きをそのタオルで包みます。この状態で、少し強めに押さえてさらに水分を取り除きます。特に、上履きの中にたまった水分をしっかりと吸収させることがポイントです。

3. 上履きを立てて置く方法

タオルで水気を取った後、上履きを立てて置くことで、通気性が良くなり乾燥が促進されます。上履きを立てる際には、安定させるために適当な支えを使うと良いでしょう。また、風通しの良い場所に置くことで、乾燥がさらに早まります。

4. 風通しの良い場所に置く方法

風通しの良い場所に上履きを置くことで、乾燥が早まります。部屋の換気を良くし、窓を開けるなどして新鮮な空気を取り入れることで、湿気がこもらず乾燥が促進されます。

5. 扇風機の併用方法

タオルで水分を取った後に、扇風機の風を当てることで、乾燥が一層早くなります。特に、湿度が高い日にはこの方法が効果的です。

6. 完全乾燥の確認方法

乾燥が完了したかどうかを確認するために、上履きを手で触ってみてください。まだ湿っている場合は、再度タオルで水気を取り、必要に応じて扇風機を使用します。完全に乾くまでこの手順を繰り返すことで、上履きを早く乾かすことができます。

ステップ 詳細
1. 水気を取る タオルで包み、軽く押さえる
2. さらに水気を取る 乾いたタオルで包み、強めに押さえる
3. 上履きを立てて置く 通気性を良くするために立てる
4. 風通しの良い場所に置く 乾燥を早めるために風通しの良い場所に置く
5. 扇風機の併用 必要に応じて扇風機を使用する
6. 完全乾燥の確認と再度乾燥 手で触って確認し、必要なら再度乾燥

 

乾燥機を使った上履きの乾かし方

乾燥機を使った上履きの乾かし方は、効率的で迅速な方法です。
ここでは、上履きを早く乾かす方法として、
乾燥機を使った具体的な手順を解説します。

1. 上履きの水気を取る方法

まず、上履きを洗った後、タオルでしっかりと水気を取ります。このステップは重要で、余分な水分をできるだけ取り除くことで、乾燥機の効果を最大限に引き出せます。タオルで包み、軽く押さえるようにして水気を吸収させます。

2. 乾燥機の設定方法

次に、乾燥機を設定します。上履きの素材によっては高温が適さない場合があるため、低温または中温に設定することをおすすめします。また、靴専用の乾燥モードがある場合はそれを使用すると良いでしょう。

3. 乾燥機に上履きを入れる方法

乾燥機に上履きを入れる際には、上履きが直接乾燥機の内壁に触れないように注意します。これには、洗濯ネットや専用の乾燥バッグを使用すると効果的です。これにより、上履きが乾燥機内で動き回ることを防ぎ、均等に乾燥させることができます。

4. 乾燥時間の設定方法

乾燥機の時間は、通常20分から30分程度が目安です。しかし、素材や湿り具合によっては追加で時間が必要になる場合もあります。乾燥が不十分な場合は、追加で数分間乾燥機にかけることをおすすめします。

5. 完全乾燥の確認方法

乾燥が完了したかどうかを確認するために、上履きを手で触ってみてください。まだ湿っている場合は、再度乾燥機に入れて乾かします。完全に乾くまでこの手順を繰り返すことで、上履きを早く乾かすことができます。

6. 上履きの仕上げ方法

乾燥が完了したら、上履きを取り出して形を整えます。乾燥機の熱で形が崩れている場合は、手で軽く形を整えることで元に戻ります。

ステップ 詳細
1. 水気を取る タオルで包み、軽く押さえる
2. 乾燥機の設定 低温または中温に設定
3. 乾燥機に入れる 洗濯ネットや専用の乾燥バッグを使用
4. 乾燥時間の設定 20分から30分程度を目安に設定
5. 完全乾燥の確認と再度乾燥 手で触って確認し、必要なら再度乾燥
6. 上履きの仕上げ 形を整える

 

【一発解決】「靴乾燥機」を購入しておくと良いです!

上靴を早く乾かすためには、専用の「靴乾燥機」を利用する方法があります。
もしも緊急で上靴を乾かさねばならず、苦労した経験があるならば、
安価な製品であれば3000円程度の靴乾燥機の購入で
この問題を解決したいと考える人もいるはずです。

ここでは、靴乾燥機の利点と選び方について詳しく説明します。

 

靴乾燥機の利点

靴乾燥機の最大の利点は、その速乾性です。
温風や除湿機能を備えており、短時間で上靴を乾かすことができます。
翌朝までに乾かす必要がある場合でも安心して使用できます。
一般的に、靴乾燥機を使用すると、数時間で乾燥が完了します。

靴乾燥機の使い方

靴乾燥機の使い方は非常に簡単です。
上靴を乾燥機の専用ホルダーにセットし、スイッチを入れるだけで、
自動的に適切な温度と風量で乾燥を行ってくれます。
タイマー機能が付いているモデルも多く、乾燥時間を設定しておけば、
過乾燥を防ぎつつ効率的に乾燥できます。

多用途性

靴乾燥機は上靴だけでなく、スポーツシューズやブーツなど、
さまざまな種類の靴にも対応しています。
家族全員の靴を一度に乾かすことができ、とても便利です。

特に子供の運動靴や冬場のブーツなど、頻繁に使用する靴や長時間着用の後の、
日常的な乾燥にも役立ちます。
靴の湿度を放置すると、臭い発生の原因になりますので、
防止するために靴乾燥機はとても有効です。

靴乾燥機の選び方

靴乾燥機を選ぶ際のポイントとしては、
以下の点を考慮すると良いでしょう。

サイズと形状

家庭で使う場合、収納スペースの大きさに配慮した、
コンパクトなモデルを選ぶと便利です。

乾燥機能とタイマー機能

温風だけでなく、除湿機能が付いているモデルは、
湿気が多い日にも効果的です。
タイマー機能があると、設定した時間で自動的に乾燥が終了し、
過乾燥を防ぐことができますし、過度な温度上昇を防げて、安心して使用できます。

コストパフォーマンス

価格は数千円から数万円までさまざまですが、
家庭での利用頻度や用途に応じて最適なモデルを選ぶことが大切です。

試しに使ってみたいという感じであれば、
最低限の機能を有している安価な商品を購入して使ってみるといいと思います。

ただ、シンプルな仕組みの機械ですので、故障しにくく、
一度購入すると長期間使用できるため、
脱臭機能の有無など、細かい機能やサイズ感などで後悔したくない方は、
じっくり比較検討しておいた方がいいかもしれません。

いずれにしろ、安くて長持ちな家電ですので、
コスト以上の価値を感じることができると思います。

ちなみに私のおすすめはコチラです。
  ↓↓↓

 

ポイント 詳細
速乾性 数時間で上靴を乾かすことが可能
簡単な使い方 セットしてスイッチを入れるだけ
多用途性 上靴以外の靴にも対応
サイズと形状 収納スペースに合ったコンパクトなモデル
乾燥機能とタイマー機能 温風と除湿、タイマー機能の有無を確認
コストパフォーマンス 利用頻度に応じた価格帯で選ぶ

 

上履きを乾かす時の注意点

上履きを早く乾かす方法にはさまざまなテクニックがありますが、
乾かす時にはいくつかの注意点を守ることが重要です。
ここでは、上履きを乾かす際の注意点をくわしく解説します。

注意点 詳細
直射日光を避ける 素材の劣化やゴム部分のひび割れを防ぐ
高温で乾かさない 上履きの変形や素材の損傷を防ぐ
上履きを立てて乾かす 内部まで風を通して均一に乾かす
新聞紙やタオルの交換 こまめに交換して乾燥を促進する
乾かす場所に注意 風通しが良く湿気が少ない場所を選ぶ

 

1. 直射日光を避ける

上履きを直射日光に長時間さらすと、素材が劣化しやすくなります。特にゴム部分が硬くなり、ひび割れの原因となることがあります。紫外線が上履きの繊維を傷めることで、全体の耐久性が低下します。そのため、上履きを乾かす際には、風通しの良い日陰を選びましょう。また、室内で乾かす場合は、窓際のカーテン越しの光でも十分です。これにより、上履きを長持ちさせることができます。

2. 高温で乾かさない

ドライヤーや乾燥機を使用する場合は、温度設定に注意が必要です。高温で乾かすと、上履きの形状が変形したり、素材が傷む可能性があります。特にプラスチックやゴム製の部品が溶けたり、縮んだりするリスクがあります。乾燥機を使用する際は、低温または中温に設定し、定期的に上履きの状態をチェックしてください。これにより、上履きが均等に乾き、ダメージを最小限に抑えることができます。

3. 上履きを立てて乾かす

上履きを平らに置くと、乾燥が均一に進まないことがあります。特に、底部分に水分が溜まりやすく、乾燥に時間がかかることがあります。上履きを立てて置くことで、内部までしっかりと風が通り、効率よく乾燥させることができます。安定させるために、専用のスタンドや乾燥用ネットを使うと良いでしょう。また、上履きを立てることで、型崩れを防ぎ、形を保つことができます。

4. 新聞紙やタオルの交換

新聞紙やタオルを使って水分を吸収させる方法も有効ですが、これらを使う場合は、こまめに交換することがポイントです。湿ったままの新聞紙やタオルを使い続けると、逆に乾燥が遅れる原因になります。上履きを洗った後、まずタオルでしっかりと水気を取り、次に新聞紙を丸めて上履きの中に詰め込みます。新聞紙が湿ってきたら、新しいものに交換することで、効果が持続します。これにより、内部の水分が効率的に吸収され、乾燥が早まります。

5. 乾かす場所に注意

上履きを乾かす場所にも注意が必要です。風通しが良く、湿気が少ない場所を選びましょう。特に梅雨の時期や湿度が高い日には、室内の除湿機や扇風機を併用することで、乾燥が促進されます。また、空気の流れを良くするために、上履きを吊るすことも効果的です。これにより、上履きの全体に風が当たりやすくなり、均一に乾燥させることができます。

 

 

上履きを早く乾かすための場所の選び方

上履きを早く乾かす方法を実践する際に、
場所の選び方は非常に重要です。適切な場所を選ぶことで、乾燥時間を大幅に短縮できます。
ここでは、家庭内での具体的な場所を例に挙げながら、
上履きを早く乾かすための場所の選び方について詳しく解説します。

ポイント 家庭内で見つかる具体的な場所
風通しの良い場所を選ぶ
~湿気がこもらず、乾燥が促進される
窓際、バルコニー、風が通る部屋

直射日光を避ける
~素材の劣化やひび割れを防ぐ
玄関の屋根の下、カーテン越しの光が入る場所
湿度が低い場所を選ぶ
~乾燥が遅れないようにする
エアコンが効いているリビング、除湿機を使った部屋
暖かい空気が循環する場所を選ぶ
~エアコンや扇風機を活用して乾燥を早める
エアコンの風が当たる場所、扇風機がある部屋
上履きを立てて乾かす
~内部まで風が通りやすく、均一に乾燥させる
靴箱の中、シャワーロッドに掛ける

 

1. 風通しの良い場所を選ぶ

風通しの良い場所を選ぶことが基本です。例えば、リビングルームや寝室の窓際、バルコニーなどが最適です。これらの場所は、窓を開けて風が通る環境を作りやすく、湿気がこもりにくいです。特に晴れた日には、自然の風を利用することで、効率よく乾かすことができます。

2. 直射日光を避ける

直射日光を避けることも重要です。上履きを直射日光に長時間当てると、素材が劣化する恐れがあります。具体的には、玄関の屋根の下やカーテン越しの光が入る場所など、直射日光が当たらないけれども明るい場所を選ぶと良いでしょう。日よけを使うなどして、直射日光を防ぎつつ風を当てる方法も効果的です。

3. 湿度が低い場所を選ぶ

湿度が低い場所を選ぶことも大切です。湿度が高い場所では、乾燥が遅くなるため、なるべく乾燥した環境を選びましょう。梅雨時や湿度の高い季節には、エアコンが効いているリビングルームや除湿機を使った部屋がおすすめです。除湿機を使うことで、室内の湿度を下げ、乾燥を促進させることができます。

4. 暖かい空気が循環する場所を選ぶ

暖かい空気が循環する場所も適しています。例えば、エアコンの風が当たる場所や、リビングルームで扇風機を使って空気を循環させることで、上履きの乾燥を早めることができます。特に、エアコンのドライモードを活用することで、効果的に乾燥させることができます。

5. 上履きを立てて乾かす場所を選ぶ

上履きを立てて乾かす場所を選ぶこともポイントです。上履きを立てることで、内部まで風が通りやすくなり、均一に乾燥させることができます。具体的には、玄関の靴箱の中やバスルームのシャワーロッドに掛けると良いでしょう。上履きを立てて安定させるために、専用のスタンドや乾燥用ネットを使用することをおすすめします。

 

上履きを早く乾かす際の温度と湿度の管理

上履きを早く乾かす方法として、温度と湿度の管理が非常に重要です。
ここでは、上履きを効果的に乾かすための適切な温度と湿度の管理について詳しく解説します。

管理ポイント 詳細
温度の設定 30度から50度の低温または中温が理想的
湿度の管理 30%から50%の湿度が理想的
風の流れ 扇風機を使って風を送る
乾かす場所 風通しが良く、直射日光を避けた場所を選ぶ
室内環境の整備 エアコンや除湿機を使用する

 

1. 乾燥に適した温度

上履きを乾かす際、極端に高温で乾かすと、上履きの素材が変形したり、劣化する可能性があります。そのため、適度な温度設定が必要です。具体的には、ドライヤーや乾燥機を使用する場合は、低温または中温に設定しましょう。温度は30度から50度の範囲が理想的です。この温度帯であれば、上履きが傷つくことなく、効率的に乾燥させることができます。また、上履きの材質によっては、さらに低い温度が適している場合もあるため、製品の表示を確認しながら設定すると良いです。

2. 湿度の管理

湿度が高い環境では、上履きの乾燥が遅くなります。逆に、湿度が低い環境では、乾燥が早く進みます。理想的な湿度は30%から50%です。湿度を下げるためには、除湿機やエアコンのドライモードを使用することが効果的です。特に梅雨の時期や湿度の高い日は、これらの機器を活用して湿度をコントロールしましょう。また、乾燥剤を上履きの近くに置くことで、周囲の湿度を下げることもできます。例えば、シリカゲルや炭などの乾燥剤を使用すると効果的です。

3. 風の流れを利用する

風の流れも乾燥に影響を与えます。温度と湿度の管理に加えて、扇風機を使って風を送ると、乾燥がさらに早まります。風が上履き全体に行き渡るように、適度に位置を調整しながら乾燥させると良いでしょう。風が直接上履きに当たるように配置し、定期的に位置を変えることで、均一に乾かすことができます。また、部屋の換気を良くすることも大切です。窓を開けて新鮮な空気を取り入れると、湿気がこもらず、乾燥が促進されます。

4. 乾かす場所の選び方

上履きを乾かす場所も重要です。風通しが良く、直射日光を避けた場所を選びましょう。例えば、リビングルームや寝室の窓際、バルコニー、玄関の屋根の下などが適しています。これらの場所では自然の風を利用し、直射日光を避けることで、素材の劣化を防ぎながら乾燥を促進できます。エアコンや除湿機を使って室内環境を整え、乾燥を促進させることも効果的です。特に湿度が高い季節や天気の悪い日には、これらの機器を活用して効率的に乾かしましょう。

 

 

豆知識
スポンサー広告
スポンサー広告
ライフハックボス